ポタジェ/キッチンガーデン

ポタジェガーデンとは?お庭のデザインと作り方の話

みなさんこんにちは、バラ男子RoRoです。

本日は本屋に行ってきました。

いつものように園芸コーナーに行き、置いてあった雑誌をパラパラとめくっていると、ある見慣れない言葉が目に飛び込んできました。それが本日のタイトルにある「ポタジェ」という言葉です。

本日はこの「ポタジェ」について調べてみたので、紹介しますね。

ポタジェって何?

ポタジェ(potager)またはジャルダンポタジェ(jardin potager)とは、草花、野菜、果樹、ハーブなどを一つの庭に混植したもので、実用性と観賞用の両方の目的を兼ね備えたお庭のこと。フランス語の「ポタージュ(スープ)」が由来。

かぴバラ男
かぴバラ男
発音はどちらかと言うと「ポタジャー」だぞ

ポタジェの庭を写真で確認してみよう!

かぴバラ男
かぴバラ男
まるで野菜と草花の国際交流だな

キッチンガーデンとはどう違うの?

海外のYouTube動画を見てると、よくキッチンガーデン(kitchen garden)という言葉が出てきます(気になる方はYouTubeで調べてみてください)。

どうやら、ポタジェとほぼ同じ意味で使われているようです。こちらのサイトにも説明がありますが、ポタジェは単にフランス語版キッチンガーデン(家庭菜園)という説明ですね。

お庭のデザインとコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツ(companion planting)とは、近くに一緒に植えることで互いの生育に良い影響を与え合う植物のこと。有名な例だと、トマトの味を良くするのにバジルを一緒に植えたりしますよね。

これは生育面での相性の良さです。もう一つ重要なのは、お庭のデザイン(見栄え)としての相性の良さ。この2点を考慮に入れて、お庭を作っていくことになります。

この辺の話は、お庭の規模や個人の趣味嗜好に大きく影響されますので、以下に参考図書を挙げておきますから読んでみてください。僕もこれから買って勉強する予定です。

参考図書一覧

ポタジェとバラのある庭

花咲くポタジェの庭 Floral Potager

まんまるポタジェ(マンガで学びたい人向け)

かぴバラ男
かぴバラ男
「ポタジェとバラのある庭」は今すぐ注文っと♪

 

いかがでしたか?

今まで「草花は草花」「野菜は野菜」と区別して考えていた人も、ポタジェという言葉を知った今日この瞬間から意識せずにはいられませんよね。

改めて考えたら、野菜や草花を区別せずに、もっと広い視野で植物を育ててみるのも面白いかもしれませんね。

この記事が、みなさんの素敵なガーデニング人生の参考になれば嬉しいです( ^ω^ )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。